戦術指南/キリク

戦術指南

■範囲の広い技で相手を抑え込もう
棍のリーチの長さを活かし、開始時は敵の攻撃が届かない位置から攻めよう。
「降龍棍」(↙↗or←←or↖↖A.A)や「求練乎」(↘↖or→→or↗↗A)を使うことで相手の8WAY-RUNを足止めできる。
また「桂棘掃」(↘A)や「凛乎」(←A)を使うことで懐にもぐりこもうとする相手に効果的に牽制ができるぞ。

■近距離は高性能な縱斬リで攻める
牽制で敵の動きを止めたら、「紅鋒」(→B.B)を使って攻め込むとよい。
二段目は遅らせて入力(ディレイ)することができ、カウンターヒットでリーサルヒットを発生させる。
リバーサルエッジで防御を試みる相手には三段目がブレイクアタックの「炎候」(B.B.B)を使うのが有効だ。
下段攻撃や投げ技を嫌ってしゃがみガードする相手には「龍樹鋒」(↘B)からの空中コンボを叩き込もう。

■防御行動から大ダメージを狙おう
防御に重点を置くこの流派では、敵の攻めをやりすごすだけでなく、適切な対抗策をとることで大きなダメージを与えることができる。
8WAY-RUNで攻撃を空振りさせたら「天覇」(↓↓or↑↑B(長押し))をヒットさせるとリーサルヒットからのコンボが決まる。
上段攻撃や投げ技をしゃがんで回避したら「砕覇」(立ち途中B)で反撃するのがよいだろう。
敵の攻撃タイミングが読めたら、→Gのガードインパクトで弾き返すのもよい選択だ。
弾き返しに成功すれば、即座に←Bを出すことでリーサルヒットを狙うことができる。

■特殊構えを攻守に活用
ガードインパクト性能を持った特殊構えを二つ保有するのも、この流派の特徴。
横斬りを弾き返す性質を持つ「準封師」(↓↘→)と、縱斬りを弾き返す性質を持つ「準裁師」(↓↙←)を、相手の攻撃に合わせて狙ってみよう。

■特殊構えからの派生技で反撃
首尾よく相手の攻撃を特殊構えで弾き返したら、すかさずAボタンを押そう。
「封霞諦炎蹴」(準封師中にA.B.K)や「裁乎」(準裁師中にA)がヒットすれば、リーサルヒットを起こしてコンボを決めることができる。

クリティカルエッジ解説

■「臨勝寺棍法奥義・駆天鳳輪勁」
■性能
リーチの長い振り下ろし攻撃を繰り出し、ヒット時に大ダメージを与える中段攻撃。
「龍樹鋒」(↘B)などで相手を浮かせたあとのコンボに使うことができるほか、牽制技を空振りさせたあとの反撃にも活用できる。

■使い所
空中コンポのダメージアップのために使用するのが主目的となる。
「九輪棍」(リバーサルエッジヒット後A)がヒットしたときも追撃として確実にヒットさせることができるため、リバーサルエッジで敵の攻撃をさばいて専用かけひきに持ち込んだ後は積極的に狙うとよい。

ソウルチャージ解説

■攻撃に特化したスタイルに変化
ソウルチャージすると攻撃能力が劇的に向上する。
技コマンドの一部が変化し「逹盆」(ソウルチャージ持続中にA+G)や「戟破瞑殺靠」(ソウルチャージ持続中に←B.B.B.K)で普段はできない超破壊力のガード崩しが可能になる。
ソウルチャージ持続中のみ発動可能な「朱雀降」(ソウルチャージ持続中に↘↘or→→or↗↗A+B)「白虎刹」(ソウルチャージ持続中に↘↘or→→or↗↗A+B)で接近戦に持ち込み、敵の守りを突き崩したい。

■強力な専用クリティカルエッジを狙おう
ソウルチャージ持続中のみ使用できる専用のクリティカルエッジ「禁厭恒沙・堕月」はコンボに組み込めるだけでなく、「業」(準裁師中にB)をガードさせた直後に繰り出すと確実にヒットするガード不能技。
クリティカルエッジを使用するとソウルチャージは解除される。
ソウルチャージ持続中は時間とともに体力が減少してしまうため、適切なタイミングでクリティカルエッジをヒットさせよう。

リバーサルエッジ解説

■A派生
ヒット・ガード間わず、相手を遠くまで突き放す攻撃。
相手をステージ端へ追い詰めるのに有効。
またヒット時にクリティカルエッジの「臨勝寺棍法奥義・駆天鳳輪勁」が連続ヒットする。

■B派生
ヒット時は追撃可能なため、総ダメージが高い。
さらにソウルチャージ持続中はダメージとヒット数が増加。
どんな状況からも一撃でガードクラッシュを誘発させるようになり、相手にガードを許さない恐怖の技へと変貌する。

■K派生
ブレイクアタックで、ガードさせて先に動くことができる。
またソウルチャージ持続中であればクリティカルエッジの「禁厭恒沙・堕月」がコンボになるため、敵はBを出しづらくなる。