戦術指南/ソン・ミナ

戦術指南

■パワフルな遠距離攻撃で敵を圧倒
武器の長さを活かし、中~遠距離戦を展開するのが得意な本流派では、バトル開始時の間合いこそ最も大きなダメージを期待できる間合いとなる。
「紫嵐旋撃」(→A)、「雷虎震閃破」(↙B)、「孔式捻尖戟」(→B)といった技を振り回し、遠い間合いから相手の体力を奪い取ろう。

■相手の出方に応じて、押し引きを変える。
敵がこちらの牽制を警戒して守りを固めるなら、リーチの長いブレイクアタックの「刈蘆円刃」(↓A+B)で攻めを継続。
相手がリーチの長い攻撃で対抗してくるなら、8WAY-RUNで回避した後に「翔華天刃」(↓↓or↑↑B)からのコンボを隙に叩き込もう。

■先端ヒットでダメージ向上
本流派の攻撃には、近距離よりも遠距離でヒットさせることにより、ダメージが向上するものがある。
攻撃の先端をヒットさせるよう心がけることで、真の強さを引き出せるのだ。
「紫嵐旋撃」(→A)、「揚撃」(↘B)などはなるべく先端でヒットさせよう。

■苦手な近距離を脱出しよう
相手に接近を許してしまったら、苦手な近距離戦を維持するのは得策ではない。
相手に接触させると後ろに飛び退く「跳退刃」(←B)や「踊撃跳退刃」(↓B.B)で間合いを離そう。
相手が素早い上段攻撃で押し込んでくるなら、上段攻撃を回避する「旋風光翼儀」(↑A+B)で相手を黙らせるのも良いだろう。

■しゃがみ状態からの技でガード崩し
近距離は本来得意としない間合いであるが、相手がガードを固める場合は「滑面昇蹴」(しゃがみ↙K.K)と「翔撃」(立ち途中B)を使うことで効率よくガードを崩すことができる。
↓A+B.Gや↙B.Gといった入力でフェイントをかけながらしゃがみ状態に帰着するとこの攻めに持ち込みやすい。

■ガードクラッシュを積極的に狙う
中段攻撃と下段攻撃によるガード崩しだけでなく、本流派はガード耐久値を削る戦法も重要となる。
「転断撃」(↘↘or→→or↗↗A6B)、「成式天輪破晶撃」(↙↗or←←or↖↗A+B)、「崩立手~巌衝撃」(←→A+G.B(長押し)のような大振りな攻撃をガードさせると効率よくガードクラッシュを狙うことができる。

クリティカルエッジ解説

■「成式新奥義・旋界紅雷儀」
■性能
リーチの長い振り下ろし中段斬り。
ヒット時に大ダメージが期待でき、コンボに組み込むことも可能。
■使い所
リーチが長く攻撃発生も早めであることから、牽制技が空振りした隙に決めやすい。
また「揚撃」(↘B)や「翔撃」(立ち途中B)、「翔華天刃」(↓↓or↑↑B)といったコンボ始動技からの追撃に使用すれば、効率よくダメージを与えることができる。

ソウルチャージ解説

■豊富なブレイクアタックを活用
「雷虎震閃破」(↙B)、「紫嵐旋撃」(→A)といったリーチの長い主力技がブレイクアタックになる。
「成式連牙天風儀」(ソウルチャージ持続中に↘↘or→→or↗↗A.A)、「柳旋重陣儀」(ソウルチャージ持続中に↓↓or↑↑A.A.A.A)などと組み合わせて使うことで相手の動きを封じ、一方的に攻め込む機会を作ることが可能だ。

■ガード崩し能力の強化
ソウルチャージ持続中は近距離のガード崩し能力も高まる。
「成式散雲裂天儀」(ソウルチャージ持続中にしゃがみ↙K.K.B)が使用可能となるため、ブレイクアタックを警戒する相手へのガード崩しに利用できる。

リバーサルエッジ解説

■A派生
複数の派生連携をもつ。ノーマルヒットで連続ヒットになるA.Aを使うのが基本だが、ガード耐久値を減らす能力が高いA.Bを織り交ぜることでガードクラッシュを狙うこともできる。

■B派生
三種類の派生の中では最も大きなダメージが期待できる。
ヒット時は「転断撃」(↘↘or→→or↗↗A+B)、リーサルヒット時は「成式天輪破晶撃」(↙↙or←←or↖↖A+B)などがコンボになる。
ジャンプしているため、相手の流派によってはKを食らっても低ダメージで済むこともある。

■K派生
Bをかわしながら敵を蹴り飛ばし、位置によってはリングアウトが狙える攻撃。
ガードさせた場合も相手より先に動き出すことができるため、しゃがみ状態からの攻めを開始できる。