戦術指南/アスタロス

戦術指南

■強力無比な投げ技で敵を倒す
この流派の最大の特徴は投げ技の豊富さとダメージの大きさだ。
接近し、つかんで、投げ飛ばす。それこそが勝利への折道である。
最もダメージを期待できるのは「メルファディア」(↓↙←A+G)から「ムズールヴィシア」(↓↓or↑↑B)で追撃するコンボ。
次にダメージが大きいのは「トゥルサロス」(↓↘→A+G)である。
この二種類の投げをいかに多く決めるかが腕の見せ所だ。

■投げるための布石
敵を投げるには、接近戦に持ち込み、立ちガードさせる必要がある。
「スルバルト」(↘↘or→→or↗↗K)は上段攻撃をかわしやすい突進技で、牽制技をかいくぐるのに適している。
離れた位置で8WAY-RUNをする相手には「ムクスーザ」(→A)をカウンターヒットさせて引き寄せよう。
近距離では「ロティアス」(→K)をカウンターヒットさせ「ザムゥイリオス」(ダウン中の相手に↘A+G)で引き起こすと攻めやすい。

■リベンジつきつかみ動作で接近する
「ザルズェルク・グエルトゥ」(↘↘or→→or↗↗A+G)と「ジェザーリオ・ギュースダード」(↙↙or←←or↖↖A+G)は、リベンジ属性のついたつかみ動作だ。
相手の上中段攻撃を一発食らっても、止まることなく敵に向かって接近してつかむことができる。

■接近戦での切り返し手段
全体的に攻撃の発生が遅い傾向にあるこの流派では、敵に懐に潜り込まれて攻め続けられると劣勢に立たされることになる。
早い技としては「ヴィメル」(←B)。「ウルグスザリオ」(←A.A)があり、至近距離で攻め込まれている時は必須の技となる。

■中距離の相手をつかまえるには
投げの届かない間合いで8WAY-RUNされると、突進技での接近を回避されてしまう。
そんなときは、間合いに合わせた横斬りを練り出すことで対応する必要がある。
「ジーグ・サリオ」(↙↙or←←or↖↖A)は反撃を受けない中段横斬り。
ホールドするとブレイクアタックに変化し、ガードさせて先に動くことができる。
さらに離れた間合いでは「シュ・ムクサリオン」(↓A+B)と「エラズゥ・ムクサリオン」(↑A+B)を活用しよう。
隙は大きめだが、遠距離でガードさせればまず反撃は受けない。

■ホールドできる技でプレッシャーをかけよう
投げと打撃による攻めをリバーサルエッジでさぱかれてしまうと攻めづらくなる。
ホールドできる技を活用し、ブレイクアタックで対抗しよう。
「ウルグスザリオ」(←A.A(長押し))や「ヴィメル」(←B(長押し))はともに接近戦で使いやすいブレイクアタックで、投げの間合いで活躍する。

■しゃがみ投げを使いこなす
立ちガードに大ダメージを与えるのは投げ技だが、しゃがみに対する中段攻撃にはあまり効率の良い技がない。
しゃがんでいる相手にダメージを与えるには、「ヴゥロス・クラッグ」(しゃがんでいる相手に↓A+G)、「トゥルス・アズール」(しゃがんでいる相手に↙A+G)を積極的に狙うとよいだろう。
相手をつかむまでが非常に早いため、下段攻撃をガードしたあとの反撃としても役に立つ。

クリティカルエッジ解説

■「イェルクァーント・パルグリア」
■性能
非常にダメージの大きな投げ技をしかけるクリティカルエッジ。
つかみかかる演出までにしゃがんでいなければ回避することができず、投げ抜けも不可能だ。
■使い所
相手が立っているであろう局面すべてが狙い目となる。
特にガードインパクト成功後に、ブレイクアタックと二者択一にすると効果的。

ソウルチャージ解説

■接近が容易になる
「ザキュ・リアスハーザ」(ソウルチャージ持続中に↓↘→A)が使用可能となる。
横斬りを練り出しながら敵に向かって突進するため、容易に接近できるようになる。

■リベンジ技が増加し、接近戦に強くなる
「ダルダグル・ミルザロット」(ソウルチャージ持続中に→B.B)や「イグル・ク・スルバルト」(ソウルチャージ持続中に↘↘or→→or↗↗K.K)といったリペンジ技が増加。
接近戦で相手の細かい単発技を受けてもひるまず攻めることができるようになる。

■ホールド派生がホールドなしで出せる
通常時であれば一段目をホールドしないと出せない「ディ・メリアック」(↙A(長押し).A)や「メリアック・シーア」(↙A(長押し).B)などの連携が、ソウルチャージ持続中であればホールドせずとも出せるようになる。

リバーサルエッジ解説

■A派生
ヒット・ガードいずれも相手を前方へ吹き飛ばす攻撃。
ステージ端に追い詰めた状況ではリングアウトや壁コンボが可能で、非常に強力な一手となる。

■B派生
ヒット時、相手を後方へ大きく滑らせる打撃投げへ移行する。
壁に叩きつけたり、リングアウトさせることも可能だ。
リーサルヒット時はステージの端から端まで届くほど遠くまで投げ飛ばすので、リバーサルエッジニ周目はこの攻撃でのリングアウト狙いが相手にとっては脅威になるだろう。

■K派生
拳を思い切り振り下ろす攻撃。
ヒットした場合はもちろん、ガードさせた後であっても「ヴゥロス・クラッグ」(しゃがんでいる相手に↓A+G)、「トゥルス・アズール」(しゃがんでいる相手に↙A+G)で確実に相手をつかむことができる。