戦術指南/シャンファ

戦術指南

■遠距離からの接近手段
この流派が最も得意とするのは接近戦。
パトル開始時は攻撃を繰り出しつつ前進できる「進彩楽」(↘↖or→→or↗↗B.B)や「鴫旒脚」(↘↖or→→or↗↗K)を使って一気に接近をはかるとよいだろう。
8WAY-RUNを使って動き回る相手には「芳夢香幻韻」(↘↖or→→or↗↗A.B.A)を使うことで移動を止めつつ近距離の連携に持ち込める。

■近距離での基本戦術
素早い連携攻撃の中に上中下段を織り交ぜ、相手のガードを揺さぶるのが近距離での得意戦術だ。
「鏡水律」(→B.B)と「漣掃詠」(→B.A)、「礼舞」(←B.A)と「礼紿楽」(←B.B)のように後半が中段と下段に分岐する連携を使い、体力を奪い取ろう。

■ダメージの大きなガード崩しを狙う
小技でのみダメージを与えていては相手の体力をすべて減らすのは難しい。
「翻掃鐘」(↘A.K)や「観風掃」(↙A)などの下段横斬りを見せておき、しゃがむ相手に「昇拍」(↘B)をヒットさせ、空中コンボを決めよう。

■空中コンボからの乖遊瑟
「昇拍」(↘B)や「乃遊祗」(↓↓or↑↑B)で敵を浮かせたら「鼓燕剣~乖遊瑟」(→K.A(長押し))を出してコンボを決めながら乖遊瑟に帰着しよう。
ダウンしている敵に効果的なのが下段攻撃の「浪輪踏」(乖遊瑟中にK)。
この技をしゃがみガードで防ごうとする相手には「翠玉劈」(乖遊瑟中にB)をヒットさせ、リバーサルエッジヒット後のかけひきに持ち込もう。

■しゃがみ状態からの攻撃
この流派はしゃがみ状態からも多彩な攻めが可能だ。
上段攻撃をしゃがんでかわしたときは「紗拍」(しゃがみ↘B)が有効。
敵が立ちガードを固めるならば、下段の「騎昴楽」(しゃがみ↘A.B)でガード崩しを狙おう。

■辜夏笙を使ってガード崩し
特殊構え「奉夏笙」からもガード崩しを狙うのに適した技を出せる。
例えば「乖香韻」(←A.A)を見せておき「乖香韻~奉夏笙」(←A(長押し))を出せば、相手は二段目を警戒するため「璃拍劈」(奉夏笙中にB)や「風鈴韶」(奉夏笙中にA+G)が有効になる。
「璃拍劈」を横にかわす相手には「分震斬」(奉夏笙中にA)をカウンターヒットさせよう。

■敵の攻めを切り返そう
攻撃をガードされたときなど、敵が攻めてくる局面では、リバーサルエッジのほかにこの流派ならではの攻撃で対応可能だ。
上段攻撃や縦斬りであれば「並娑戴」(↙B+K)で、リーチの短い攻撃であれば「紅躍刺」(↙↗or←←or↖↖B)でかわしつつ攻撃できる。
また「螢羅律」(←A+B)、「厳翻律」(↓A+B)、「奏曲」(→A+B)には動作の始めにガードインパクト属性があり、対応する攻撃を弾き返しながらリーサルヒットを起こせるため狙ってみよう。

■リバーサルエッジを誘って手痛い一撃
「壮極叡愁律」(B.B.B)と「華瑠鐘」(B.B.K)、「漣掃詠」(→B.A)と「鏡水律」(→B.B)のように接近戦で有効な連携は、敵としても防ぎきるのが難しく、リバーサルエッジでさぱこうとするはずだ.
リバーサルエッジでさぱかれそうだと予想できる局面では「壮極叡愁律~奉夏笙」(B.B.B(長押し))や「鏡水律~諷夏笙」(→B.↓)で構えに移行し「尚明剣」(奉夏笙or諷夏笙中にA+B)を出そう。
リバーサルエッジをかわしつつ、リーサルヒットを発生させることができるぞ。

クリティカルエッジ解説

■「如河・浄命宿光剣」
■性能
リーチがやや短いため近距離戦での使用に限られるものの、攻撃の発生が非常に早いクリティカルエッジ。
空中コンボや、相手の攻撃をガードしたあとの反撃に使うことができる。

■使い所
ブレイクアタックの「璃拍劈」(奉夏笙中にB(長押し))をガードさせると敵に隙ができるので確実にヒットさせることができる。
「奉夏笙」で攻める時に意識しておくとよいだろう。
攻撃の早さを活かし、近距離戦で相手が攻めてくる所に合わせて放つのも有効だ。

ソウルチャージ解説

■得意の近距離戦がパワーアップ
「霊風香麗曲」(ソウルチャージ持続中にA.A.B.B)が使えるようになり、近距離戦でのA派生がカウンターヒットした時のダメージが向上する。
またリバーサルエッジに強い「清院紿震歩」(ソウルチャージ持続中にA.A.B.K)という派生もつくため、攻め込みやすくなる。

■ガードクラッシュを狙いやすくなる
「累環煌照剣」(ソウルチャージ持続中に↘↘or→→or↗↗A+B.B)が使用可能になるため、ガード耐久値を大きく減らしつつ攻撃を継続することができる。

■空中コンボがパワーアップ
「明燕双翼剣」(ソウルチャージ持続中に→K.B.B)が使用できるようになる。
「昇拍」(↘B)などで浮かせたあとの空中コンボに使用すると、相手を叩きつけて起き上がりを攻めることができる。
「紗拍」(しゃがみ↘B)などの高く浮く技からは「灼明璃拍劈」(ソウルチャージ持続中に↘↘or→→or↗↗B+K.B)をヒットさせるのもよい。

リバーサルエッジ解説

■A派生
「浄宮韻」(リバーサルエッジヒット後A.A)と「載宝曲」(リバーサルエッジヒット後A.B)で中段と下段のガード崩しになっている。
二段目をガードインパクトする相手には、A.AGと入力して背向けに帰着して攻めよう。

■B派生
ダメージの高い中段攻撃。ガードクラッシュを狙うことができる。

■K派生
Bをかわしながら蹴りを繰り出す。
ヒット時は、ソウルゲージがあればクリティカルエッジがコンボになる。
K.B+Kと入力することで「遊歩瑟」に移行して攻めることも可能で、スピーディーに敵の懐に潜り込める