2B/攻略3

2B/攻略3

2B確反表

12フレ確反 A・A 立ち途中Kややホールド

14フレ確反 B・B 3Kややホールド

16フレ確反 6K・K 4K 4Kホールド 立ち途中B・B CE

18フレ確反6B・B 33.66.99B

20フレ確反 3B

24フレ確反 4B派生

総評

確反にいたってはそこまで強くない印象だがCEが14フレなのは救いか。(16でしたすいません)発生の早い技はリーチがあまり長くないのでガード後距離の離れる技などのためにCEを打てるようにしておきたい。4Bの発生がかなり遅くよほど硬直の大きい技をガードできないと確反にはならない。-18フレ以上の下段をガードできたら6B・B6などで攻勢転進からの攻めを継続しよう。

攻勢転進からの攻め

A・Aヒット後の派生のAはしゃまめないのでA・A確反の後のAから移行したり3、33.66.99Bヒット後からは攻勢転進中のAやKが割り込めないので2Bを知らない相手にはよく当たる。攻勢転進K・Kはカウンターで連続ヒットしコンボいけるので積極的に狙っていきたいがガードで2発目をしゃがまれるので注意。

ガードを固める相手には下段の攻勢転進中B・Aがリターンも大きく有効。ただしガードされるとー24フレくらいの技が確定する。(2Bなら4B派生など)攻勢転進B・B→空中制動Bはややダメージが下がるものの空中制動から4や6、A+Bなどで翻弄できるので面白い。空中制動Bを出せば判定の高い技以外には勝つことができRUNで様子見してくる相手にはKやA+Bが当たる。

しゃがむ相手には攻勢転進中Bホールドが有効。ヒットしたら33.66.99B+KやB+Kからの4Kからの3A・Aが前受身以外には重なる。ガードで-14。

攻勢転進中の投げはどちらもダメージが高いので積極的に狙っていきたい。

問題なのはここからで攻勢転進中の技にはブレイクアタックがないのでリバーサルエッジを出されるとほとんどの技が対応されてしまう。幸い連続技が多く相手もどこまでホールドすればいいかわかりづらいのだが対策されると厳しいのは明白。この場合は攻勢転進中のB+Kをだして相手のブレイクアタックを誘発、空振りさせてそこにスカ確を決めるのが有効な気がする。ちなみにリバーサルエッジ中に攻勢転進AやKなどを捌かれたあとは4.6.8などで各種移動ができない。

空中制動の攻め

主に3Bのあとや攻勢転進B・Bの後に移行する。とりあえずBを出しておけば判定の高いく早い技以外には勝てるので相手が知らない場合はBをだすといい。ガードでー16。RUNで様子見してくる相手にはKがRUNカウンターしてその後B・B・Bがコンボになる。ガードでー6なので確反は無い。バックステップなどで様子見してくる相手にはA+Bをだすか4や6で攻勢転進から攻めを継続してみよう。ちなみに空中制動A+Bはガードでー8くらい。

必釣体勢の攻め

中距離でおもむろに構えてBやKを出すぐらいかと。一応BがカウンターするとKで吊り上げてコンボにいける。Bカウンターからの場合吊り上げて持ってきた後は3A・Aがコンボになる。BをRUNで避けようとした相手やしゃがむ相手にはKが刺さる。

遠距離戦をしてくるソンミナやアイヴィーなんかには案外有効かも?

 

2Bカテゴリの最新記事