マキシ/攻略2

マキシ/攻略2

使えそうな連携を模索する

A・A→構え中A・B

確反からの割れない(10フレ相打ち)避けれない中段の連携。ヒットでBが連続ヒットだが出し切りで-16以上あるので1発止め構えなどから再度せめるのもあり。ガードインパクトされると大よろけをとられてしまうのでそれを読んだら4いれ七星からKでコンボにいくか構え中Bでブレイクできる。

B6→構え中K・K

とりあえず最初に見せておくとBから手を出してきやすくなるのでB派生出し切りやA派生が刺さりやすくなる。しゃがんでくる相手には構え中Bがリーサルヒットする。縦切りで割り込んでくる相手には破軍をつかおう。

3A構えから色々

単発の中段横切りで派生がない上ガードされると-14なのだが切り返してくる相手には破軍か七星でインパクトできる。条件がやや厳しいがリーサルヒットすると4入れ七星B・B・Kや破軍からCEで大ダメージ。

6A構えから色々

6A・A・Kが相手のRUN対策に有効だが、ガードされた場合2発目をしゃがまれてしまう。しゃがんでくる相手にはB・B・Kの2発目まで連続ヒットし最後はしゃがむことができない上ガードで-2。1発目ガードで2A安定かと思いきや七星でインパクトできてしまうのが凄い。相手が固まってきたら6入れ七星からK・Kで崩しにいこう。

立ち途中B構えから色々

ヒットからなら構え中Bが割れないがガードされるとCEなどが確反で飛んでくる恐れがある。構え中Aは上段をすかしながら攻撃するのでガードからAなどを振ってくる相手にはささる。基本小技下段ガード後の12フレ確反に使い、ヒットから手を出してこない相手には4入れ七星からK・Kなどで崩していこう。

4A色々

やや発生の遅い上段横切りでA派生3段もB派生もノーマルで連続ヒットする。A派生はヒット確認が容易なので最後の確反を知らない相手以外にはヒット確認からだしきろう。3発目にガードインパクトできる。B派生は壁際ならマキシにしてはめずらしく壁コンボにいける技で、そもそもダメージも高いので壁際での期待値はかなり高い。

4A・B→壁ヒット→構え中B→構え中K→6B・B・BかCEなどが入る。

ガードでかなり距離が離れるので相手も反撃しづらい。リーチの長いCEなどはガードが間に合わないが破軍でとれてしまうことも。

2Aから色々

BBBKや4BBKなど最後を強制ガードで-2とかが多いのでそこからの2Aは結構刺さりやすいのでそこからの攻めを考えておくこと。しゃがみ中3Aは下段横切りで3発目まで派生が出る。3発目まで連続ヒットするうえに1発目ガードから反撃しようとしても割り込めない。3発目ガードからも最速の立ち途中技を破軍や七星でインパクトできてしまうのが凄い。

2Aがガードされた場合は立ち途中B+Kなどをだせば上段をもぐりながら攻撃できる。

3Bから

ガードされると反撃してきやすいので破軍や七星で取りやすいが発生の速い下段は確定。まあそれで済むので実質他のキャラの3Bよりも振りやすい気がする。もしガードから固まるようなら4いれ七星からのK・Kなどで

 

マキシカテゴリの最新記事