ジークフリート/攻略

ジークフリート/攻略

リーチがある重い攻撃で圧倒

ジークの攻撃は発生はやや遅いもののリーチに優れるものが多いので中間距離を維持した立ち回りを意識しよう。22,88Bや1Bなどで揺さぶりをかけて相手が手を出してきたところに33,66,99B・Bなどを決めよう。ジークしらない相手にはおもむろに接近して3B構えや立ち途中B構えと投げによる二択などをしかけてもいい。3Bホールドからの構え中Kは発生が早く、相手の14フレと相打ち。立ち途中Bホールドからは12フレと相打ちなので、10フレ横切り持ち以外には読み合いに持っていける。対策してこない相手にはガンガン振っていこう。

各種構えで翻弄させる

中間距離で様子見しているあいてにチーフホールド中のA+Bを打っていくのもあり。非常にリーチがあるブレイクアタックの上段横切でガードで近距離+2フレ有利になる。同じ様な技で66Aも有効。ホールドでベースホールドに移行し、そこからのKが暴れやRUNに勝つのでAとBでの2択やA+Bなどで崩していこう。ガード時のリスクは大きいが6B+Kからの二択も強力。相手に体力リードをとられた際やダークレガシー中は積極的に仕掛けていこう。

確定反撃にA・G・スライドAファストを使えるようになろう。

確反にこのわざを当てるとリーサルヒットしコンボにいけるのでー16フレの技には極力決めていきたいがなれないうちは難しい。コツはガード硬直が切れる少し前にAを入力し、硬直が切れた瞬間にG・Aと入力しよう。難しいようならA・AやKで妥協しよう。

6Aからの攻め

6AにはAとBの派生があり、どちらも連続ガードじゃないので1発目ガードから動いた相手に当たりやすい。RUNカウンターやカウンター時は連続ヒットし特にB派生はコンボにいけるのでぶっ放しもあり。上級者になってくると手をだしてこなくなるので6Aホールドから構え中BやKで崩していこう。

ジークフリートカテゴリの最新記事