ゲラルド/攻略

ゲラルド/攻略

基本的な技が高水準にまとまった万能キャラ

横切り、縦切り、中段、下段と使いやすい技が多く、初心者にもオススメできるキャラ。相手のソウルゲージの量や、相手のソウルチャージ中に大幅強化される技を多数もっているので一発逆転を許さない堅い立ち回りも可能。

使いやすい優秀な横切り!

A・Aは他のキャラよりやや長めの発生12フレの上段横切り。派生はあるが発生が遅く、カウンターなどで連続ヒットするわけではないので確反やRUN対策に2発止めを使おう。33,66,99A・Aは上段2連続の横切りで中間距離から接近したいときに使おう。2発目も上段なのだが1発目ガードで強制ガードなのでしゃがまれる心配はない。下段の派生やクエンの印に派生したりと的を絞らせないようにしよう。1A・Aは上段特殊中段の連続技。RUNカウンターやカウンターで連続ヒットするので下段の主力に使おう。2発目ガードでー10だが一部のキャラ以外には反撃を受けない。4AはRUNカウンターやカウンターのみ2発目に派生し、ジャストでAを押すと3発目がだせる。ガードで縦切りなどで反撃を受けるのでここぞというときに使おう。

高火力な縦切り!

B・Bは平均的な縦切り。3発目の派生は割り込みできないので壁際などでリターンの大きい場合は出し切るのもあり。6B・Bややリーチの長い連続技。ガードでも少し削れ、2発目をホールドした場合コンボに移行できる。ホールドしない場合はー12でホールドした場合確反はなくなる。66B・Aは中段上段の連続技。ノーマルで連続ヒットで1発目ガードでしゃがまれるが中段の派生があるのでしゃがまれにくい。確反はない。中段の派生は確反をもらうが土俵際でリングアウトや壁コンボにいけるのでたまに使うのもあり。3Bはスカ確や確反に用いよう。66B+Kはヒットでいたいコンボが入る上に確反はない。2発目にインパクトやRUNで対応できるが知らない相手にはガンガン使おう。4K・Kも面白い性能をもっている。4K・Kと4K・K・Aは連続ヒットし、特に壁際などではA派生で壁コンボにいけるので積極的に狙っていきたい。ガードで確反を受けてしまうが1発目の状況を確認して2発目の選択肢を変えられる。インパクトなどを狙ってくる相手にはB派生でコンボにもいける。

やや弱めな立ち途中技

投げをしゃがんだ時や硬直の大きい下段をガードできたときにも手癖で立ち途中Bを打ってしまいがちだが、出来れば6B・Bホールドを使いたい。大賢人バスターなどをガードしたらなるべく返せるようになろう。ゲージに余裕がある場合は発生16のクリティカルエッジを使うのもあり。

ゲラルドカテゴリの最新記事