ナイトメア/攻略2

ナイトメア/攻略2

各種構えからの攻め方

中間距離からシューティングしているだけでも強いナイトメアだがあまり単調な攻めでは通用しなくなってくる。各種構えや連続技の1発止めを使って的を絞らせない戦い方をしよう。

6Aホールド構え(デキスターホールド)

2発目をしゃがもうとしてくる相手に攻め継続できる。デキスターAホールドは中段の横切りでヒットすると続くデキスターKが連続ヒット。デキスターKは6A1発止めを確認してから手を出してくる相手にカウンターヒットが見込める。カウンターヒット後は2A+Bで追撃しよう。6Aは派生を出しても1発止めでも近距離ガードされると2Aなどが確定してしまうので注意。

2Bホールド構え(ベースホールド)

相手の最速の2AやRUN、ガードインパクト以外には勝てる構え中Bを基本に攻めよう。なれてる相手はRUNで対応して気安いので構え中Aなどを使おう。ついでに相手の上段攻撃もかわすことができる。2Aを打ってくる相手には4B+Kで相手の攻撃をかわして構え中Bでコンボに持ていくことが可能。

6B+K(チーフホールド)

テラーチャージ中はA+Bが本命になるが、構え中Aも良い性能を持っている。リーチの長い下段の横切りでRUNカウンターやカウンターで2A+Bで追撃できる。リング際の相手に当てるとそのままリングアウトも狙える。K・Kは発生の早い中上の連続技だがなれてる相手にはしゃがまれてしまう。1発止めからAなどをだして相手を翻弄していこう。

グリムストライドで強襲!

特定の技の後に6入れすると特殊ステップに派生することが出来る。主にコンボや1Aや33,66,99Bをガードされた後に読みあいにもっていくなどの使い方のほか、22,88B・B6や11,44,77A6、または立ち途中A・Aなどで攻撃をキャンセルしてステップに移行できる。突然の接近にガードを固める相手が多いのでしゃがみからの2択をかけるチャンス。中段は立ち途中Bや立ち途中A・A。立ちガードを固める相手にはしゃがみ中1A+Gや2A+Gの投げで崩していこう。ステップ中のKもヒット時2A+Bで追撃できるので期待値が高い。しゃがみ中の1A+G投げは自分がリング際に追い詰められたときなどは逆に相手をリングアウトさせられるので、抜けてこない相手には積極的に狙おう。この投げで相手を後ろの壁にヒットさせたら振り向き立ち途中Bホールド→構え中B→2A+Bなどが入って大ダメージ。

ナイトメアカテゴリの最新記事